煙草を吸ってしまった男

禁煙することで健康的なセロトニン分泌に協力しよう

セロトニンの別名は幸せホルモンと呼ばれ、脳内で作られ精神を安定させてくれるホルモンの1つですが、ストレスや運動不足、生活習慣の乱れなどから減少しやすく、特に現代人はセロトニン不足であると言われています。このセロトニンを簡単に増やす方法として喫煙があります。煙草に含まれるニコチンが体内に摂取されると快感物であり依存症を引き起こすドーパミンが分泌されます。ドーパミンが大量に分泌されると、それを調整する役割があるセロトニンが分泌されるようになります。そのため煙草に対する依存を引き起こし、イライラする時に喫煙することで心が安心したと勘違いをさせるようになります。しかし煙草には血管を老朽化させ血流を悪くさせる作用があり、喫煙することで心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こしやすくなります。心を満たすホルモンを分泌させているのに、喫煙することで身体は不健康になる、という心と身体が逆の方向に向いているのです。
そこで両方を健康にするためには禁煙がポイントです。禁煙するとイライラし更なるセロトニン不足を招きそうですが、喫煙で増やすのではなく、適度に身体を動かし、正しい食生活をし、触れ合うことで脳が健康的にセロトニン分泌をすることに協力します。しかし煙草で増やすことに慣れた脳が健康的に増やすように戻るためには時間がかかります。そのため最低でも3ヶ月を目標に健康的な生活をすることが大切です。市販の禁煙グッズを使用したり禁煙外来を利用した場合でも、目標期間は3ヶ月とされていますので、禁煙生活と同時に健康的な生活を送ることで通常なセロトニン分泌も目指します。運動も自分が続けられる無理のない範囲で、バランスの良い食事をし、人と接するのが苦手なら動物と触れ合っても良いでしょう。身体の本来の力を取り戻し、禁煙後の生活をより良くして下さい。

  • 以前、レンタカーを借りる際喫煙車と禁煙車を選ぶことができました。 しかし、世の中の禁煙の煽りを受けて、今日においては全車禁煙になっています。 こうした世の中の動...

  • セロトニンの別名は幸せホルモンと呼ばれ、脳内で作られ精神を安定させてくれるホルモンの1つですが、ストレスや運動不足、生活習慣の乱れなどから減少しやすく、特に現代...

  • 禁煙というのは、マラソンに例えられることが多いです。 短期集中するのではなく、全体像を見渡して、ペース配分を行うことが求められるのです。 時には、ブプロピオンの...

  • 禁煙をすることによって、喫煙によってダメージを受けていた神経が回復し部屋の壁も綺麗にすることができます。 タバコを吸う事による害というのは、説明をすることがない...

  • 2020年にオリンピックが開催されることになり、街を綺麗にするという運動も活発になりますから喫煙場所が少なくなり喫煙者にとってはタバコを吸う場所を探すだけでも苦...

  • 世間の喫煙に対してのイメージが悪い事、家族に喘息の方がいる場合、健康志向などの理由で禁煙を考える人が多くなりました。 禁煙するためにはタバコが自分自身の身体、家...

  • 気軽な気持ち喫煙してしまったことから、周りからの目や健康的な生活を取り戻すために禁煙対策をする事になるといった結末が多いかと思いますが、この禁煙対策時にニコチン...