• ストレスチェックにより労働者の心の不調を防ぐ

    • 近年は仕事における成果主義や職場の人間関係など職業生活で強い不安や悩み、ストレスを抱えている労働者が非常に増えており、労働者の5割を超えているという報告もあります。

      ストレスチェックがどんなものかご存知ですか。

      仕事上のストレスにより精神障害(うつ病など)や自殺をする労働者が増加傾向にあり、労災認定されるケースが増えています。



      労働者のメンタルヘルスの不調を事前に把握し、精神障害や自殺を未然に防ぐことが重要な課題となっています。

      こうした背景をふまえ、「労働安全衛生法の一部を改正する法律」(平成26年法律第82号)により、心理的な負担の程度を把握する検査(ストレスチェック)と、その検査結果に基づき適切に面接指導を行うこととした「ストレスチェック制度」が新たに創設されました(平成27年12月1日施行)。

      常時使用する労働者に対してストレスチェックを行うことが事業者の義務となります。

      労働者は一年に一度受けることができます。マークシートの調査表に質問が書いてあるので、当てはまる答えにチェックをしていきます。

      検査結果は検査をする医師や保健師から直接渡され、本人の同意なく事業者に渡すことは禁止されています。
      検査結果により労働者が専門家に相談したいという申し出があった場合、事業者は医師や保健師による面接指導を行うことが義務となります。

      事業者はこの申し出をしたことで労働者に不利益な取り扱いをしてはいけません。



      また面接指導の結果に基づき、医師や保健師の意見を聞き、必要に応じて就業上の措置を講じることが義務となります。

  • ストレスチェックの最新考察

    • ストレスチェックの対象となるのはどんな人なのか

      2015年12月、労働安全衛生法の改正にともなってストレスチェック制度がスタートし、常態的に事業所で働いている労働者が50人以上いる場合は1年に少なくとも1回は全対象者にストレスチェックを実施することが義務付けられました。この検査を導入するにあたってはいくつか注意しなければならない点がありますが、その一つが検査の対象とすべき人の範囲です。...

  • ストレスチェックのよく解る情報

    • ストレスチェックで体調管理

      ストレスチェックは常時50人以上の労働者が働いている職場で会社の責任で実施するよう義務付けられています。現在その人がどの程度のストレスを抱えているか質問形式で調べるので客観的に数字で把握することができます。...

  • ストレスチェック関係の真実・ストレスチェックのサポート情報

    • 積極的に受けることで変わるストレスチェック

      2015年から従業員が50人以上在籍している会社に健康診断と一緒に行うことが義務付けられたのがストレスチェックになっていますが、強制力はありません。よって従業員の方が拒否すれば、それを受けることができない環境になってしまうでしょう。...

    • 主婦も学生も必要なストレスチェック

      ストレスが原因とみられる退職や休業が増えつつある中、条件に当てはまる企業に対してはストレスチェック制度の導入が義務化されました。ストレスチェックを通して、早期に従業員のメンタルヘルス不調の予防をする事が目的です。...